西表島の交通事情とレンタカーの予約事情

西表島は、沖縄の離島の中では最も大きな島で、沖縄有数の観光スポットでもあります。
海はもちろん、山や川、星などの大自然の中で見どころが満載です。
ですが交通機関が整っていないので、観光に訪れるなら西表島レンタカーが必須だと言えます。
では西表島の交通事情について紹介します。

西表島の交通事情について

これは西表島に限った話ではなく、沖縄全体に言える事ですが、交通機関で電車が存在していません。
そのため西表島の交通機関と言えば、バスかタクシーかレンタカーとなります。
ですがバスはとにかく本数が少なく、1日にわずか4本しか存在しません。

これでは色んなところを効率よく観光したいという人にとっては、バスの本数が少なすぎて移動手段に困ってしまいます。
またタクシーの場合は、バスが不便でタクシーを使うしかないという観光客の立場を逆手にとって、観光タクシーはかなり割高な料金設定になっています。

そのためバスは不便で、タクシーは高すぎる、そんな交通事情を考慮すると、おのずと西表島レンタカーを利用する事になるでしょう。
レンタカーであれば、時間を気にせずに自分のペースで観光をする事が出来ます。
それにレンタカーの料金は、割高な観光タクシーと比較すれば、かなりリーズナブルな価格設定だと言えます。

なので西表島に観光を考えているのであれば、レンタカーを事前に予約しておく事をお勧めします。

予約は必ず事前にしておこう

都心部であれば、空港や駅前にはたくさんのレンタカーの営業所が存在しています。
そのため予約をせずにレンタカーを利用したい当日に、レンタカー営業所に訪れても利用する事が可能です。
ですが西表島レンタカーの場合は、営業所の数も営業所が所有しているレンタカーの台数にも限りがある状態です。

当日に訪れても予約がいっぱいでレンタカーを借りる事が出来ないなんて可能性もゼロではありません。特に観光シーズンにレンタカーを借りたい場合は、3ヶ月前からWEB予約が可能なので、旅行の日程が決まったら、即レンタカーも予約しておく事をお勧めします。