西表島レンタカーを利用する際の注意点

西表島の旅行をもっと楽しみたいと思うのであれば、西表島レンタカーを利用するべきです。
ですが西表島レンタカーを利用する際に、注意しておきたいポイントをいくつか紹介します。

西表島独特の運転マナーがある

水牛に乗ってゆったりと

日本国内では、運転のルールは全国共通していますが、地元を離れて運転をすると運転のマナーが地域によって異なるので、違和感を覚える人も多いのではないでしょうか?
実は西表島にも独特な運転マナーが存在するので、その事を踏まえて運転をするようにして下さい。

では独特な運転マナーの内容について紹介します。
まず、原付バイクは道路の左端を走行しなければいけません。
ですが西表島では原付バイクは、左端だけじゃなく、真ん中や右端でも平気で走行しています。

しかも、車線変更や右折、左折の際にウインカーも出しません。
そのためいきなり目の前の原付バイクが予想外の動きをするという事が多々あります。
そしてウインカーを出さないのは、原付バイクだけでなく、車でも同じです。

そんな状況で交通事故は起こらないの?と思う人もいるでしょう。
ですが西表島では、運転速度は40kmとゆっくり走行している車が多いので、交通事故が他県と比べて多発しているという訳ではありません。
ですが西表島の人達は、そんな運転に慣れているのかもしれませんが、観光客は違います。
いきなりウインカーも出さずに、目の前の車が右折や左折をしたら、焦りますよね。
レンタカーで事故を起こさないように、周囲をよく注意して、慎重に運転するようにして下さい。

西表島には独特な標識がある

マングローブ

私達は車の運転をする時に、標識を見ながら運転します。
そして運転中によく見かける標識については、その意味をキチンと理解していますよね。
ですがそんな人でも、西表島の道路を走行していると、見慣れない標識が現れて、戸惑う人もいるかもしれません。

その標識は何かというと、警戒標識と呼ばれる標識です。
西表島は島の9割が原生林で覆われたジャングルです。
そのため野生動物や天然記念物が存在し、時折、道路を横断したり、飛び出してくる事があります。

なので野生動物や天然記念物がよくいる場所には、警戒標識があり、運転のスピードを落として、野生動物と接触しないように、注意して下さい。
ただ、注意していても、いきなり凄いスピードで野生動物が道路に飛び出してきたら、避けようがありません。

もし野生動物と接触事故を起こしてしまったという場合は、物損事故という扱いになってしまいます。
そのため最初にする事は、警察への通報で、その後は警察の指示に従って下さい。
あと、接触事故を起こして、レンタカーを傷つけてしまったり、警察の指示に従う事で、時間内に返却出来ない場合など、レンタカー会社にも連絡を入れる事を忘れないで下さい。

雨の日の西表島の運転は危険

西表島の村内

西表島の天気は変わりやすく、さっきまで晴れていたのに、突然の大雨なんて事もよくあります。
そのため雨の日の運転には特に注意が必要です。
西表島の道路を雨の日に運転した経験がある人なら、分かると思いますが、凄く雨に濡れた道路が滑りやすいのです。

その理由は、アスファルトに含まれる原料が、沖縄は本土とは違っていて珊瑚の石灰岩が使用されているためです。アスファルトに珊瑚が使用されているなんて、西表島らしいと言えますが、雨で滑りやすいのは危険ですよね。

ではなぜ珊瑚の石灰岩が使用されているのかというと、夏の日差しの強さが原因です。
本土と同じ原料を使用すると、日射しの強さでアスファルトが変形しやすく、さらに海に囲まれているため、塩害で劣化しやすいため、それらを予防するために石灰岩が使用されています。

なので雨の日は滑りやすいという事を前提に、スピードを落として、車間距離を多めに空けて慎重に運転をするようにして下さい。

そして集中豪雨に遭遇したら、安全な場所に車を停車させましょう。
集中豪雨は、短時間でおさまるので、無理に集中豪雨の中運転し、事故のリスクを高めるよりも、少し運転を休んだ方が賢明だと言えるでしょう。

西表島のレンタカー事情

西表島は移動手段が少なく、レンタカーを利用しなければ不便だと感じる事が多々あります。
そのため旅行中に確実に西表島レンタカーを借りるために、必ず事前にレンタカーは予約するようにして下さい。

都心部であれば、レンタカー会社も多く、大手レンタカー会社は多数のレンタカーを所有しているので、旅行の当日訪れてもレンタカーを借りる事が出来るでしょう。しかしながら、西表島ではレンタカー会社もそれほど多くなく、大手ではなく地域に密着した小規模なレンタカー会社がほとんどです。そのため所有台数も多くないので、予約していないと、予約で全て埋まって当日には借りる事が出来ない可能性があります。

また西表島は、レンタカーを利用すれば、観光スポットのどこでも行く事が出来るという訳ではありません。
西表島には主要道路が1つしか存在せず、その1つも島の全てを網羅している訳ではありません。
実際には島の大半はジャングルなので、道路が通っていない場所も少なくありません。

なので観光スポットで行きたい場所まで、ちゃんとレンタカーで行く事が出来るのか、確認した上で移動ルートを確定しましょう。
あと西表島は島ですが、沖縄で2番目に大きく、1日で島の全てを回る事は物理的に不可能です。
そのため旅行の日程と、訪れたい観光スポットに優先順位をつけて、余裕を持って旅行プランを立てて下さい。